抜け毛 対策 生活習慣

抜け毛の防止ための生活習慣

抜け毛を防ぐ生活習慣病は早寝早起きをすることです。

 

夜ふかしを続けて睡眠不足になると、交感神経が常に活性化してしまいます。

 

リラックスして副交感神経が優位になるべき時でも交感神経が働くことで、自律神経が乱れてホルモンバランスも崩れます。

 

すると皮脂の分泌を増やしたり抜け毛を促進したりする男性ホルモンが活発に働くようになり、薄毛が目立ちます。

 

女性も男性ホルモンは分泌されているので、睡眠不足は男女ともに抜け毛の原因になります。

 

寝ている時は成長ホルモンがたくさん分泌されるので、髪の毛が育つ時でもあります。

 

早寝早起きが身に付けば、ダメージを受けた髪の毛が修復されて抜けにくくなり艶のある丈夫な髪の毛に戻ります。

 

またシャンプーは1日1回までにします。

 

脂っぽい頭皮をさっぱりさせるために朝シャワーを浴びる人もいますが、抜け毛を防ぎたいならばその習慣はやめるのが良いです。

 

朝シャワーは頭皮に詰まった皮脂を落とすことはできますが、同時に頭皮に必要な水分と油分まで除去してしまいます。

 

一般的なシャンプーに含まれる洗浄成分は頭皮を乾燥させやすいので、1日に何回もシャンプーを使うと頭皮環境が悪化します。

 

乾燥するとかえって皮脂の分泌が増えて逆効果です。

 

寝起きに頭皮のベタつきが気になる人は、前日のシャンプーのやり方が間違っている可能性が高いです。

 

使うシャンプーを見直し正しい洗い方をマスターすれば、1日1回のシャンプーで頭皮環境を守ることができます。