早めの薄毛ケアが必要な理由

早めの薄毛ケアが必要な理由

 

乾燥肌や敏感肌のように、頭皮や髪の毛にもそれぞれタイプが存在します。そして、毛髪関連の悩みも男女関係なくあるものです。

 

女性の場合は毛髪のツヤが薄れてきたり、感触がごわごわしてきたりと、老化するにつれて毛髪の質が変わってきます。

 

そして出産を終えてから髪の質が変化するケースも、よくあります。

 

男性に良くある悩みはAGA(男性脱毛症)という、男性の薄毛に対する治療が脚光を浴びていますが、それでも絶対に改善するというわけではありません。毛髪の質や薄毛の種類は人によって様々だからです。

 

薄毛に陥ってから慌てて治療を始めても、本来の豊富な毛髪状態に戻すのは非常に困難です。

 

それよりも大事なのは予防なのです。

 

そもそも薄毛が進行してから治療を施しても、頭皮ケアなどの手間暇が、かなり掛かってきてしまいます。

 

早期に薄毛対策を始めるのは非常に大切であり、AGAを初期レベルで抑え込む事も可能です。薄毛対策は「早すぎるかな?」というぐらいのタイミングで始めるべきなのです。

 

家系的に薄毛になりそうな方ならばなおさらです。「遺伝」と「薄毛」には、密接な関わりがあるためです。

 

早めの薄毛対策が大切であるという具体的な理由の一種には、「毛母細胞の分裂回数」があります。

 

毛髪を生成する毛母細胞は、細胞分裂を幾度も行います。この分裂を「ヘアサイクル」と言い、一回のサイクルは2~6年ほどであると見られています。

 

そして細胞分裂の基本概念と照らし合わせて考察した場合、一生で起こるヘアサイクルは、多くても40〜50回程度になるという見解が主流です。

 

裏を返せば、老化するにつれてヘアサイクルの残存回数が減少していくという事になります。

 

ですから「平常なヘアサイクルを、何度も行える毛母細胞」が残存している若年期から、堅実に薄毛対策を継続していくことが、十年後二十年後の毛量に良い影響を与えるのです。

 

さらに、男性ホルモンも薄毛に多大な影響を与えます。

 

男性ホルモンの発生量が多い20〜30代は、薄毛対策の「黄金年齢」とも表現できます。

 

早期の薄毛対策で、年齢を積み重ねても健全な毛髪をキープしましょう。