男性と女性で違う髪の毛の質

男性と女性で違う髪の毛の質

 

特徴的な薄毛パターンを示して、なおかつ進行すると言われている薄毛の症状でもあるAGAは放っておくと症状が進んでいき、最終的には頭部の大部分を頭皮が覆うようになってしまいます。

 

特に男性がAGAの症状を発症して頭髪が薄くなってしまうと言われており、薄くなった頭髪は元に戻らないので育毛剤などを使用して改善を進めていく必要性が出てきます。

 

男性と女性で髪の毛の質が異なっている理由の一つに分泌されているホルモンの違いがありますが、女性に多く分泌されている女性ホルモンは女性らしい丸みを帯びた体を作る効果があるホルモンであり、これは髪の毛につやをもたらして強い髪質を作ることができます。

 

一方で、男性ホルモンには髪の毛の生成を阻害する働きがあると言われていて、これが影響することによってAGAの症状を進行させてしまうのですが、人によってAGAの症状に個人差があることからもわかるようにホルモンバランスは人によって違っています。

 

どのように頭髪の薄さに影響するのかという部分については、わかりにくい点もありますが、女性でも男性ホルモンの分泌が多いと同じような薄毛のパターンが見られることもあります。

 

最近は体の不調の状態を何かと生活習慣と関連付ける風潮がありますが、歴史の教科書を見ると、若い年からAGAとみられる薄毛の症状になっていた人は多いことを考えると今の時代に始まったことではありません。

 

しかしながら若年層に増えているのは生活習慣が無視できない部分になります。