白髪と薄毛の関係

白髪と薄毛の関係

 

大人になると次第に老化現象が見られるようになり、特に頭髪は白髪や薄毛の症状が顕著にみられるようになるので、育毛剤をすることや白髪染めを購入することによって対策をしている人も多くいます。

 

白髪染めを使用することによって頭髪の白くなっている部分を黒く染めることができるものの、これは見えている部分に対して染色するだけになるので根本的な改善をすることはできないという点に注意が必要です。

 

また、白髪が目立つようになると同時にAGAの症状が見られるケースも少なくありませんが、これは男性ホルモンや生活習慣が関連して発症する特徴的な薄毛の症状であるものの、必ずしも症状が見られるというわけではなく特に女性はAGAになる確率は低くなっています。

 

AGAは専用の育毛剤を使用して治療するのが一般的ですが、このタイミングで白髪染めを使用している場合は、白髪染めに含有されている成分が頭髪や頭皮に対して重たい影響を与えてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

そのため、AGAが気になり始めた頭髪に対して白髪染めを使用する場合はできるだけ天然成分で構成されているタイプのものがおすすめになりますが刺激が少ないタイプのマニキュアやトリートメントタイプなどは特におすすめです。

 

一方でブリーチなどを使って髪の毛に色を入れると一瞬で髪の毛が傷んでしまい薄毛になる可能性もあるので、白髪染めを使用する場合は頭髪や頭皮にきちんとあっているものを選んで購入を進めていくようにしましょう。