遺伝と薄毛の関係

遺伝と薄毛の関係

 

10代頃から薄毛や抜け毛に苦しむ男性が増え始めます。

 

遺伝や老化が要因であれば、致し方ない面もありますが、他にもきっかけはあります。そしてそれらには、遺伝や老化と違って適切な対策を打てる可能性が高いです。

 

リズムが一定の生活を送る

 

乱れた生活習慣は身体に多大な悪影響を及ぼします。睡眠不足や脂っこい料理も好ましくありません。

 

そして睡眠に関しては22~26時は必ず眠っておくようにしましょう。

 

この時間は俗に言う「ゴールデンタイム」であり、細胞が生成されたり回復したりします。

 

血行を良くする

 

M字脱毛の要因は遺伝であると見られていますが、O字については血行不良が要因であるという見解が主流です。

 

血行が悪くなると、栄養が満足に頭皮に行き渡らず抜け毛が増えていきます。

 

頭皮には発進部である心臓から、重力に反して血液を届ける事になるので、他の身体の部位よりも栄養が送られにくい場所であるといえます。

 

ですから、運動して新陳代謝を高めたり、適切な頭皮マッサージを施したりする事が非常に重要なのです。

 

ストレスを適度に発散する

 

ストレスが溜まると、血管が収縮し血行が悪くなると見られています。

 

さらに皮脂の発生量も増加するので、ストレスには気を付けましょう。

 

「まあいいや」「次があるし」など、気分をリセットできるような精神力を身に付ける事が大切です。

 

具体的な行動としては、

 

映画などで涙を流す、アロマを焚く、温泉にゆっくりつかる、カラオケで熱唱する、友達と長話する

 

などが有効です。近年では写経に打ち込むというのも流行っています。

 

 

以上、薄毛や抜け毛の要因とその改善策を3つ紹介しました。

 

遺伝は少なからず関連するものの、大抵はそれ以外の要素を良化していくことで、薄毛や抜け毛の悪化を防ぐことができます。

 

頭皮環境が良く髪がフサフサならば、若々しい印象を与える事ができますが、反対ならば実年齢より老けて見られる場合もあります。

 

日々、頭皮や毛髪に意識を向けながら生活して下さい。