髪の毛だけ多いのはなぜ?

髪の毛だけ多いのはなぜ?

 

陸上生活をしている多くの哺乳類には体毛が生えていますが、人間の体毛は他の哺乳類と比較した場合に少ない特徴があります。

 

しかし、人間の進化の歴史を辿ってみると、必ずしも体毛が少なかったというわけではなく、少しずつ体毛が退化していったことがわかります。

 

頭髪は人の体毛の中でもっとも多くを占めている部分ですが、髪の毛だけ多くなっているのは、他の体毛と役割が異なっていることが理由としてあります。

 

体毛の多くは温度を調整するための役割が大きかったのですが、衣類を着用にするようになったことや住環境が整ったなどの理由から体毛で温度調整をする必要性がなくなり、結果として髪の毛以外の体毛が退化することになりました。

 

しかし、頭髪に関しては脳を守るという役割を果たしていることから他の部分と違って退化せずに多くの体毛が生えてくることになったわけですが、年を取ってくると男性ホルモンなどのバランスによってAGAという薄毛の症状が見られるようになります。

 

AGAで薄毛になってしまった場合についても機能性という面では特に気にする必要性はないのですが、見た目に恥ずかしいなどの理由から気にする人は多く対策をする人はたくさんいます。

 

AGAの治療については専用の育毛剤を使用するのが一般的となりますが、育毛剤を使用してもすぐに効果が出てくるわけではなく、しばらく使用することによって効果が現れるようになるのが一般的となっているので使用においては注意する点もあります。