髪の毛の構造

髪の毛の構造

 

AGAの改善を考える場合は頭髪の仕組みを理解する必要もありますが、髪の毛は頭皮の表面にある毛の部分で、さらに内部には毛根部と呼ばれる部分があります。

 

髪の毛は肌と違って改善する力がないので生えた髪の毛はしばらくすると空気に触れて傷んで寿命を迎えることになるのですが、新しい髪の毛も、それに伴ってどんどん生えているので新しい髪の毛が頭皮を覆っているのが普通です。

 

しかし、AGAになると薄毛が進行する一方で、新しい頭髪がなかなか生えてこなくなることから薄毛はさらに進行してしまうことになりますが、髪の毛の状態をきちんと把握しておくことも対策を考える上では重要なポイントになります。

 

AGAは男性ホルモンの働きが大きいと言われているものの、それ以外でも生活習慣との関わりなどが深いと言われているので、生活習慣の改善を図ることや他にもストレスを緩和させることなども必要な条件になってきます。

 

昔に比べると質の高い育毛剤も販売されるようになっているので購入することによって高い効果を得ることができますが、効果が出るまでの時間については個人差が大きい部分でもあるので注意が必要です。

 

AGAになっているということは健康的な髪の毛が生えにくい状態になってしまっていることでもあるため、髪の毛の質がいつもと比べて異なっていることも多くなっています。

 

髪の毛のトラブルは早めに対処することによって改善を促すことができるため、早めに症状をチェックして悪化しないように気を付ける必要があります。